中学受験と子供の心を考える

どんな学校を出たかでその人の将来は決まってしまうわけではありませんが、学歴が重視されている社会にあって、その影響を受けるのは確かであり、良い学校を卒業した人たちは出世街道を歩みやすいのは確かです。

それで多くの人たちは、自分の子供に期待しており、良い大学に進学させたい、そのためには高校が大事になる、その高校に入るためには中学から特別な学校で教育を与えるほうがいいと考えていきます。特に大学までついている中学であれば、その中学受験はとても重要であり、落ちるわけにはいかないという気持ちになりますが受かった後の人生の展望を考えると、競争率の高い私立の中学受験を受けるように段取りする親の皆さんは少なくないのです。

そしてそれで合格ができれば、将来はかなり明るいものとなります。その中学受験はとても大きな試練になりますので、塾に通ったりして小学校の授業以外の付加的なものに取り組む人たちが多くなっています。

ただ注意したいのは、中学受験ということになると、子供の気持ちの問題があります。親として自分の子供に頑張ってもらいたいというのはわかるのですが、子供の周囲の友達は公立の中学に入るということであれば受験がないわけであり、自分だけが中学受験することに抵抗を感じることや、仲のよい友達と中学に進学して離れることになるのでそれはしたくないという気持ちを持ちやすいのです。それで子供をやる気にさせるための特別な励ましが必要になるかもしれません。キレイモキャンペーン